1970年代初期のバイオジオメトリー 科学の創始者であるイブラヒム・カリム博士の著作のうち最初に出版されたこの本は、彼の世界観の全体論的な本質を反映しています。 バイオジオメトリーは、環境の精妙なエネルギーの質に調和をもたらすために形、色、運動と音を使う科学です。 この調和の芯に有るものは、自然が形づくられるプロセスでの超越的なセンターに見つけられる精妙なエネルギーの質で、人類の夜明けから積み重ねられる時間を超越した記念碑にスピリチュアルな側面を与える人間性の神聖なパワースポットの主要な質でもあります。

カリム博士はバイオジオメトリー科学として新しい"質を中心にした物理学"を生み出す為に、建築家と科学者としての経験を活かし、ピタゴラスの調音、精妙なエネルギー科学、レディエスシージア (放射感知)、地理性理学、建築性理学、歴史上の神聖な建築と現代の波動理論の側面を融合させました。

生体システムに悪影響を与える電磁波被爆の質を変える際に現実的な解決案を提供するBioGeometryは、環境に自然な調和を生じさせ、科学と精神性の間に橋を掛けます。

スイスで成功し、その政府に承認された送電塔電磁波被害対策共同プロジェクトは、近い将来にこの新しい科学が普及するのに充分な効果を証明しています。

BioGeometryは、もし私たちがその建物の位置とデザインを意識しない限り健康の障害になりうる地球放射に対する新しい解決法を提供します。

ギザの大ピラミッドに関する、エネルギーの質を基礎にした新しい分析は、世界の不思議の中でも取分け主流を占める大ピラミッドや、偉大な古代エジプトの文明の本質に関する新しい知識をもたらします。
 

バイオジオメトリーは、エジプトの建築家であり科学者でも有るイブラヒム・カリム博士30年以上の研究の後に設立されました。

カリム博士はその飛躍的な研究により、全ての生体系のエネルギー的な中心に独特のエネルギー効果がある事を確認しました。

このエネルギー効果の自然の機能は、異なるエネルギー品質やあらゆる生体システムにバランスまたは"センタリング"を供給することです。

この唯一のセンタリングエネルギー効果は"BG3"と呼ばれる3つの特定のエネルギー性質を通して見つけられ、このBG3エネルギー品質はすべての生体系(関係する異なるエネルギー品質のバランスを含む)を維持する為の責任を担っています。

バイオジオメトリーは、一般的なエネルギーバランス、そしてエネルギー波動の相互作用を環境と調和させる為に非常に有益な、このBG3エネルギーの共鳴を増幅するために、体の周辺のエネルギーばと相互作用する特有の形状を使います。

Back to a Future for Mankind (Book)

¥2,700価格
消費税抜き
  • 注:この本は日本語に翻訳されていない事をご了承下さい。